仙台のビジネスホテル

仙台のビジネスホテルで最近よく利用するのはリッチモンド
ホテルです。

仙台駅からは歩いて5分ほどのところにリッチモンドホテル
はあります。ホテルの1Fはファミリーレストラン(ロイヤ
ルホスト?)になっていて、すぐ近くにコンビニもあり、
何かと便利な場所だと思います。

仙台へ行くときのビジネスホテルの予約はいつも楽天やじゃ
らんなどのサイトで、条件(宿泊料金が1泊1万円以下など)
を入れて探していましたが、最近は宿泊費も安く、便利なリ
ッチモンドホテルを利用する機会が多いです。いつも1〜2
週間くらい前に予約していますが、予約できないことはほと
んどありません。このホテルに宿泊している人は、出張で来
ているような人もいれば、家族連れの観光客もいて、いろい
ろです。

仙台のリッチモンドホテル(数年前までロイネットという名
前でした)は、最近仙台駅の駅前のあおば通りに、リッチモ
ンドホテル・プレミア仙台駅前というのオープンしたようで
すが、私が何度か利用したのは、駅から少し離れている方で
す。仙台駅から距離がある分(と言っても徒歩5分ほどです
が)若干宿泊費が安いようです。

仙台駅からリッチモンドホテルへ歩いて行く途中にはJAL
シティホテルがあり、また仙台駅周辺には他にも、メトロポ
リタン、モントレ、サンルート、セントラル、グリーンパシ
フィックなど多数のビジネスホテルがあり、急に仙台に行く
ことになっても宿探し、ホテル探しには苦労しそうもありま
せん。
posted by mojo at 12:17 | 国内旅行

中尊寺金色堂

平泉の観光名所といえばまずは中尊寺の金色堂です。

中尊寺金色堂へのアクセスは、電車の場合はJR東北本線の
平泉駅が最寄駅です。平泉駅へは東北新幹線の一関駅から10
分ほどです。平泉駅からは観光名所を巡回する「るんるん」と
いう巡回バスが便利です。

中尊寺金色堂への車で行く場合のアクセスは、東北自動車道の
平泉前沢インターチェンジを利用します。

中尊寺へ2年ほど前に行きました。金色堂は奥州藤原氏による
建造物(1124年)ですが、奥州藤原氏による建造物で現存
するするのはこの金色堂だけだそうです。実際にみて、やはり
見事でした。中尊寺へ行く前日に中尊寺のホームページやガイド
ブックを読んだだけでしたが、少しでも歴史的な背景を頭に入
れて行くだけでも、

中尊寺の拝観料は金色堂と讃衡蔵(宝物殿)の共通券で、大人
800円でしたが、見る価値がじゅうぶんです。中尊寺(金色
堂)は、バス停、または駐車場から坂をずっと登っていきます。
途中に見晴らしのいいポイントがあったりして、なんともいい
雰囲気です。

中尊寺金色堂(国宝)の他にも、平泉には毛越寺などの貴重な
名所があり、「平泉ー浄土思想を貴重とする文化的景観」とい
う名称でユネスコでの世界遺産登録を目指していましたが、残
念ながら2008年の会議では登録延期になりました。平泉の観光
地では「世界遺産」と書かれたポスターがはられているのを何
度もみました。来年以降に世界遺産に登録されることを期待し
たいと思います。

追記:
2011年6月26日パリで開催されたユネスコ世界遺産委員
会で、「平泉の文化遺産」の世界遺産登録が正式に決まりまし
た。
posted by mojo at 15:27 | 国内旅行

平泉観光モデルコース

平泉観光に行って来ました。今回まわった観光名所は、中尊寺、
毛越寺、そして時間があったので、温泉施設の悠久の湯です。

平泉観光のモデルコースは、巡回バス「るんるん」でまわること
ができます。平泉の観光名所は離れているので徒歩でまわるのは
かなり時間がかかると思います。巡回バスのるんるんは、1回
の乗車で140円、1日乗り放題の乗車券が300円なのでお得
です。

平泉の駅を降りて、巡回バスでで最初に行ったのは中尊寺です。
バスを降りてから坂を10分ほど登って行きます。途中で見晴ら
しのいい休憩ポイントがありました。ゆっくりまわっても1〜2
時間あればじゅうぶんでしょう。

中尊寺の次に行ったのが毛越寺です。平泉の駅から巡回バスの
るんるんに乗ると、最初にとまるのが、この毛越寺です。今回は
最初に中尊寺に行ってしまいましたが、最初に毛越寺に行く方が
平泉観光のモデルコースとしては時間的にも効率がいいと思いま
す。

毛越寺は、お寺ももちろん見事ですが、庭園(毛越寺浄土庭園)
が有名です。この庭園は日本最古(平安時代)の庭園書である
「作庭記」に基づいて作られたそうです。国の「特別名勝」に
も指定されています。 毛越寺の拝観料は大人500円でした。

毛越寺に行ったあとは、帰りの電車まで時間があったので、入浴
施設の「悠久の湯」(入場料500円)によりました。この悠久
の湯も巡回バスで行くことができます。平泉観光で疲れたとき
に立ち寄ってみるのもいいかもしれません。けっこうおすすめ
です。
posted by mojo at 08:53 | 国内旅行

盛岡で前沢牛ステーキを堪能

盛岡グルメのランキングでも上位入るのが前沢牛ステーキです。
当初予定にはなかったのですが、せっかく盛岡に来たのだから、
と思い、奮発して、前沢牛のステーキを目の前の鉄板で調理し
てもらえる「和かな」という店に行きました。 

前沢牛ステーキの店「和かな」は、駅から行くと盛岡城跡の手
前です。駅から歩くと15分くらいかかるでしょうか。お店に
着いたのが午後8時頃でしたが、かなり待ちました。地元でも
人気店で予約は必須のようです。今回は予約をしていなかった
ので30分くらい待ったあと、いよいよ前沢牛を焼く鉄板の前
に案内されました。 

注文した前沢牛のコースの内容は、ホタテ、えび、前沢牛ステ
ーキ(ロース)サラダ、焼き野菜、ごはんなどで、前沢牛ステ
ーキのコースの中では最も安価なコース(と言っても7000円ほ
どです)です。サラダには地元の珍しい野菜が使われており、
ステーキへの期待が高まります。

前沢牛ステーキをいただいた感想は、
「今まで食べたステーキの中で最高!」
でした。やわらかさ、味ともとても満足です。目の前で調理す
る手際もよく気持ちよくディナーを楽しむことができました。 

前沢牛の他に、短角牛という赤みがメインの牛のコースもあり
ましたので、次回行くことがあれば試してみたいと思います。
平日ランチメニューはお手ごろのようです。

前沢牛ステーキの「和かな」はホテルロイヤル盛岡にも前沢牛
をしゃぶしゃぶで食べられる、「しゃぶしゃぶ和かな」もある
そうです。

盛岡へ行ったら、是非奮発して、前沢牛ステーキ、またはしゃ
ぶしゃぶをどうぞ。
posted by mojo at 10:34 | 国内旅行

盛岡グルメといえば冷麺

盛岡グルメといえば、やはり冷麺です。今回の1泊の盛岡行きで
2回冷麺をいただきました。せっかく盛岡グルメを堪能するなら
失敗はしたくないということで、盛岡グルメのガイド、口コミサ
イト、ランキング、ブログなどを事前にチェックしておきました。

盛岡で冷麺を最初にいただいたのは、JR盛岡駅の駅ビル「フェ
ザン」の南館地下1Fにある三千里です。盛岡駅に着いてすぐ食
べました。 個人的には辛くて、酸味がきいているのが好きなの
で、キムチと酢を加えていただきましたが、おいしかったです。
駅に直結しているので、時間のないときに利用するのには便利か
と思います。三千里の並びには、ジャージャー麺(じゃじゃ麺)
のお店の小吃店もありました。ここも駅ビル(フェザン)の中に
あるので便利ですね。次回はこのジャージャー麺もチェレンジし
たいと思います。

盛岡で冷麺といえば、食道園というところが有名で、口コミの評
価も高かったので、食道園でも冷麺をいただきました。盛岡駅か
ら食道園は歩いて15分ほどですが、循環バスを利用すれば、中
央通1丁目か中央通2丁目のバス亭から歩いて2〜3分です。利
用したのが午後3時くらいだったため、それほど混んでいません
でしたが、行列ができることもあるそうです。そして味はかなり
おいしかったです。 つるつるの麺でコシがあり、さっぱりとし
たスープは辛味(辛さは選ぶことができます)もあり最高でした。
地元の方もたくさん来ていたので、やはり人気店のようです。駅
から少し離れていますが、盛岡市街を散策しながら歩いて行くの
にはちょうどいい距離かもしれません。おすすめです。

盛岡冷麺の歴史を調べてみると、この食道園が盛岡冷麺の元祖
といわれているそうです。 

冷麺を2軒でいただいた盛岡グルメを堪能しました。
posted by mojo at 11:29 | 国内旅行

浄土ヶ浜

浄土ヶ浜へのアクセスは、盛岡方面からですと電車(JR山田線)
かバスです。当初盛岡駅からJR山田線で浄土ヶ浜へ行くつもり
だったのですが、盛岡駅で時刻表をチェックすると、本数が少な
く予定があわなかったため、バス(岩手県北バス)を利用しまし
た。バスでは宮古経由となりますが、盛岡駅からバスで宮古駅ま
では、山を超え、途中でトイレ休憩があり、2時間と少しかかり
ます。 宮古駅から浄土ヶ浜までは路線バスを利用し15分ほど
です。

宮古駅から浄土ヶ浜までの行き方は、宮古駅に観光案内があるの
で、詳細を確認することができます。 今回は路線バスの発車
まで時間があったので、宮古駅から徒歩10分ほどのところに
ある魚菜市場というところに行ってみました。食堂で食べた
「ホタテ丼」が美味でした。この市場はJRのポスターにも掲載
されていましたが、思ったより規模が小さかったです。

路線バスで浄土ヶ浜(バス停の名前は浄土ヶ浜ターミナルビル)
についたら、早速島めぐりの遊覧船に乗船です。この遊覧船は、
浄土ヶ浜から出発し、天然記念物の「ローソク岩」「潮吹穴」を
ながめ、宮古湾の出口「姉ヶ崎」より反転して浄土ヶ浜へ戻る
一周40分のクルージングです。遊覧船にはたくさんのウミネコが
集まってきます。 船内でウミネコのエサ用のパンが売られてい
て、空に投げるとウミネコがナイスキャッチ(!)します。 

遊覧船の乗客の中にはこのエサ投げに夢中で、あまり景色を楽し
んでいないような(?)人もいましたが、是非船からの景色も楽
しみましょう。

浄土ヶ浜の海は本当に水がキレイです。感動しました。観光のパ
ンフレットに「群青の海」とあるのも納得でした。

浄土ヶ浜をゆっくり観光したいという方は、浄土ヶ浜周辺にもホ
テルや民宿などの宿泊施設があります。
posted by mojo at 11:26 | 国内旅行

盛岡のビジネスホテル

盛岡で利用したホテルはホテルメトロポリタン盛岡です。メトロ
ポリタンホテルはJR系ということで、どこも駅が近くにありま
すが、このメトロポリタン盛岡も盛岡駅から近く、歩いて3分ほ
どです。このホテルメトロポリタン盛岡は、本館とニューウイン
グがあり、今回利用したのはニューウイングの方です。本館のメ
トロポリタンはさらに盛岡駅に近く、徒歩1分ほどです。もし荷
物が多かったりして、盛岡駅からメトロポリタンのニューウィン
グまでバスで行く場合は、「でんでんむし」という循環バスにの
れば、右回りで1つめの「旭橋」というバス亭がホテルのすぐ前
です。

ホテルメトロポリタン盛岡は、一応ビジネスホテルということに
なっていますが、着いた日にはホテルのロビーで結婚式が行われ
ていました。歌手のクリスマスディナーショーのポスターもはら
れていたので、こういうイベントなども行われるようです。メト
ロポリタンホテルの室内の設備などは一般的なビジネスホテル並
みだと思います。

ホテルに着いたのが土曜日で、ちょうどホテルメトロポリタン盛
岡近くの材木町というところで、「よいち」という市が開かれて
いました。毎週土曜日に行われるそうです。 りんごなどの果物
から、大福、おはぎ、中華料理、魚、ビールなど、いろいろ売ら
れていて楽しく散策できました。 宮沢賢治とその作品にちなんだ
モニュメントが点在しているので、記念写真のスポットです。

盛岡グランドホテルに以前宿泊したことがある知人からすすめら
れました。このグランドホテルは盛岡駅からはバスやタクシーで
15分ほどかかるようで、少し離れているようです。盛岡グラン
ドホテルのホームページをチェックしましたが結婚式やパーティ
ーの案内があったので、大きいホテルではないかと思います。
posted by mojo at 10:50 | 国内旅行

盛岡市内の観光名所

盛岡に観光に行ったときのはなしです。あまり日程に余裕が
なかったため、盛岡市内の観光しかできませんでした。盛岡
市内の観光名所というと、まずは盛岡城跡公園です。盛岡城
といえば、北上川と中津川の合流地に建っていた盛岡藩南部
氏のお城ですが、現在は石垣や池が残っています。盛岡城跡
公園は桜の名所としてもよく知られています。盛岡に観光に
行ったのは秋だったので桜はみれませんでした。

盛岡城跡公園へのアクセスは、でんでんむし(盛岡都市循環
バス)の左回りで約10分です。

盛岡市内の石割桜も桜の名所として有名です。石割桜は盛岡
地方裁判所の構内にあり、巨大な花崗岩の割れ目から育った
樹齢はなんと360年を越えるといわれています。盛岡駅から
でんでんむしで行くと、中央通一丁目、岩手医大前、県庁・
市役所前などのバス停からすぐ近くです。盛岡駅から徒歩で
も15分くらいでしょうか。

盛岡市内観光名所では、材木町もあります。この材木町のメ
インストリートは「いーはとーぶアベニュー」と呼ばれ、材
木町が青春時代の宮沢賢治とゆかりが深いということで、宮
沢賢治にちなんだモニュメントがあります。盛岡市内の撮影
スポットでもあります。盛岡に観光に行ったの11月はちょ
うど市が開かれており、果物、地ビール、惣菜など、たくさ
んの出店でにぎやかでした。

盛岡市内観光の名所としては、「啄木新婚の家」もあります。
石川啄木の「我が四畳半」の作品でも書かれた家で、啄木が
新婚時代に短期間ですが住んだ家です。啄木新婚の家口とい
うバス停があります。

いずれの盛岡市内の観光名所も循環バスのでんでんむしを
利用すると効率よくまわれると思います。
posted by mojo at 11:45 | 国内旅行