大寒卵とは、大寒の日に生まれた卵のことで、風水
では寒中に卵を食べると健康運や金運がアップする
と言われ特に大寒に生まれた卵はいいとされています。

ドクターコパさんも「大寒卵を食べて、健康運と
金運アップしよう」とおっしゃいっています。

風水的にはさらにいろいろ言われているそうですが
詳しくは「大寒卵とは?」などで検索してみてくだ
さい

大寒卵はネットなどでも数週間前から予約販売されて
います。楽天市場などで調べてみると、大寒卵を販売
しているショップが見つかると思います。大寒卵は
大寒の日に生まれた卵なので、注文して実際に届くの
は数日後になるはずです。

大寒とは、二十四節気の一つで1年で最も寒さが厳しく
なる頃を言います。〜月〜日と決まっているわけでは
ありませんが、だいたい1月20日〜21日頃です。

「寒の入り」とされる「小寒」から15日後が寒さの
ピークの大寒、そして春のきざしが見えはじめるのが
立春と季節がうつっていきます。

大寒のころには鶏はその寒さで産卵数が少なくなり
ますが、寒さにも耐えてうまれた卵は大変貴重で栄養
価が高いと言われ、大寒卵(大寒の日に生まれた卵)
を食べるとその1年が健康で過ごせると言われています。

大寒卵は、風水的にもいいとされていますが、栄養的
にも優れているんですね。

大寒卵の他に「寒卵」とよばれる小寒から節分までの
間に生まれた卵もあります。大寒卵は、大寒日に生ま
れた卵のみを指します。

カテゴリ