弘前さくらまつりは、今年(2011年)は、4月23日から5月5日の
予定で、東北復興、被災地への支援を柱に開催されます。

こういう機会ですから、東北地方へ旅行に行く、と支援の方法もあり
ますね。

弘前公園の桜は1715年(正徳5年)に津軽藩士が桜を京都から取り
寄せ、城内に植えたのがはじまりとされています。明治時代には、菊池
楯衛がさくら(ソメイヨシノ)を植栽、一時迫害を受けましたが、再び
植栽。市民からの援助もあり、大正時代には、お城がさくらで埋まり、
現在では、ご存知のとおり日本一の規模を誇るまでになりました。

弘前公園には、ソメイヨシノの他にも、シダレザクラ、八重桜など、
約50種類、2600本の桜が咲いています。西濠にある桜のトンネル
や、ライトアップされた夜桜の美しさなども有名ですね。

さくらまつりの開催時期には、津軽民謡や津軽三味線の大会などの
演芸も行われます。

青森新幹線が開通してはじめてのさくらまつりということで、本来
ならかなり盛り上がるはずだったと思いますが、残念ながら地震が
起きてしまいました。でも、4月29日は東北新幹線が全線開通する
ようですし、ゴールデンウィークはさくらまつりや、その他東北の
観光地に行くいい機会だと思います。

しかしあれだけの被害があったのに、新幹線の復旧は早いですね。
連休に間に合ってよかったと思います。新幹線が再開されたことで
東北へのアクセスはかなり改善されたのではないでしょうか。

これからも東北地方の観光情報を積極的に取り上げていきたいと
思います。



カテゴリ
タグ