熊野大社(山形県南陽市)の「うさぎ」について、テレビ番組
で先日放送していました。

熊野大社本殿ウラに「波に兎(なみにうさぎ)」の彫刻があり
この装飾(彫刻)の中に三羽の兎(ウサギ)が隠されていて、
すべてのウサギを見つけた人は、一生お金持ちに困らない、
また長寿になると伝えられているそうです。山形のパワース
ポットですね。

このご利益をもとめて参拝する人は多いものの、この三羽の
うさぎを見つけるのがかなり大変だそうです。1、2羽は
見つけられても、3羽ぜんぶを見つけられる人は少ないとか。
自分で見つけられないからといって、他の人におしえてもら
うと、ご利益がなくなるそうなので、ご注意を。テレビ番組
では、1時間以上ねばってもうさぎを見つけられず、残念そ
うに帰る人がいました。

熊野大社は、日本3熊野(紀州熊野、軽井沢碓氷、山形県
南陽市宮内)のひとつですが、806年再建され、その後、
伊達、直江、上杉などの歴代領主の庇護を受け、現在に至
っているそうです。1月から3月上旬は、伊勢神宮直伝の
太々神楽を奉納するということで、「東北の伊勢神宮」とも
言われるそうですが、この時期に参拝するのもいいかもしれ
ません。

山形県熊野大社へのアクセスですが、電車の最寄り駅は、
山形鉄道(フラワー長井線)宮内駅です。この駅から徒歩
で約15分。東京方面から行くなら、新幹線の赤湯駅で
山形鉄道(フラワー長井線)に乗り換えることができます。

ウサギの他にも、熊野大社には、JFA公認のお守りなんか
もあるので、サッカーファンなら手に入れたいグッズかも
しれません。
タグ