菅大臣神社(かんだいじんじんじゃ)といえば、京都にある
菅原道真を祭神とする神社ですが、管直人新総理が誕生とい
うことで、いま注目を集めていて、テレビ、雑誌などのメデ
ィアが紹介し、参拝者が劇的に増えているそうです。

菅大臣神社には管直人総理はも何度か参拝したことがあるそ
うで、総理が初めてこの神社を訪れたのは2003年10月
で、翌月(11月)に選挙があったので、その必勝祈願で、
その後に、お礼のために再び菅大臣神社とか。やはりご利益
があるんでしょうね。総理はこの神社で、「開運厄除御守」
を購入したとか。

京都の菅大臣神社の由緒ですが、この地は菅原道真の旧宅跡
で、道真以前から菅原家の邸宅地だったそうで、道真がこの
場所で幼少の頃に研学をしたところで、そのことに因み社殿
を造営したのがこの神社の由緒、起こりと言われています。
天神御所または白梅殿とも云われた。菅大臣神社の敷地には
道真公が誕生の際に産湯を使ったという井戸が保存されてい
ます。

菅大臣神社へのアクセスは、京都駅から出ている市バスで
「西洞院仏光寺」まで行くか、京都市営地下鉄・烏丸線の
「四条」で下車し10分ほど歩くか、になると思います。
まわりがビルに囲まれているために、3つある鳥居に気づ
かず通り過ぎてしまう人も多いとか。京都観光の際は一度
訪れてみてはいかがでしょうか。
住所は下記のとおりです。
京都府京都市下京区仏光寺通新町西入菅大臣町189

管直人総理が誕生する以前の菅大臣神社は菅原道真を祭って
いる学問の神様、受験の神様ということで、受験生が合格祈
願の参拝に訪れることが多いのでしょうね。これからは出世
の祈願や、選挙の必勝祈願などに菅大臣神社を訪れる人が増
えそうです。
タグ